読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西武と西武と時々ラーメン

西武線と西武ライオンズ

開幕3連戦を終えて

見事に勝ち越せましたね、はいじまです。

 

もともと岸が抜けたこともあり先発陣に不安がありさらに昨シーズンパではワーストのエラー数を記録するなど守備にも不安があり下馬評は悪く最下位評価も多いという中での2017年シーズンのスタートとなりました。

 

しかし開幕戦、非常に守備を安定させているなぁという印象でした。特に野球では大事と言われているセンターライン(捕手、投手、二塁手、遊撃手、中堅手)が安定しており特に浅村と新加入の源田の二遊間は今までのライオンズにはない堅実かつ華麗なプレーを見せてくれる魅力的な内野陣になっているなという印象でした。

また走塁面でも積極性が見られ特筆すべきは開幕戦二回オモテの攻撃です。中村の四球、そして栗山の二塁打でチャンスを作ると相手の守備のミスで1点を先制、さらに続く炭谷の打席なのですが炭谷のピッチャーゴロの間に三塁ランナーが帰り1点を追加します。この場面に辻野球の真髄が見えた気がしました。

まず炭谷が徹底的に右打ちをしていたところです、この場面で特に打力が弱い炭谷なら基本的な打撃なのですが去年までのライオンズには見られないパターンです。例えばですが伊原監督ならばスクイズ、田辺監督ならばノーサインでただのヒッティングを支持していたでしょう。しかし辻監督はこの場面はとにかく右方向へのゴロを打つということをキャンプから徹底的に練習させていたというのが伝わった場面でしたし今後のライオンズの光が見える。そんな場面でした。

まだ始まったばかりですが希望が見えたような感じの3連戦だと個人的には思いました。火曜日からの所沢でのオリックスとの2連戦、しっかり勝って開幕ダッシュを成功させましょう!